採用

企画者として求められる人物像

こんにちは。

コラムを書くようになってからというもの、ネタ探しのため他の社員と様々な話をする機会が増えたのですが、みんな様々な考え方や切り口を持っているなぁとつくづく感じます。

同じ話を聞いていても人によっては全く違った受け方をしているなんてことは、よくある話だと思いますが、これだけ様々な考え方が人の数だけあるのならその結果も納得です。

だからこそ、逆に新しい企画が生み出されていくのでしょうね。だって、みんな同じ考えなら新しいものを生み出す引き出しが存在しませんから。

 

さて、企画者の中でも様々な人物がいるわけですが、今回のテーマは、「企画者として求められる人物像」になります。

様々な業界、分野において企画職で働いている方が多数いらっしゃると思いますが、良い企画をバシバシあげてくる方には、これからあげる項目があてはまる人が多いのではないでしょうか?それでは、さっそくご紹介していきます。

 

1、 明るく楽しくポジティブに!

企画をしていく上で私たちが最も大切にしていることはブレストです。第一回のコラムで新しい企画を出していくには、数多くの当たり前や新しいものを組み合わせていくことが重要だというお話をしました。その組み合わせの数は膨大なため、一旦ブレストでとことん出し切ることが重要になります。

そして、出し切ったものの中から絞り込みをかけて、掘り下げていく。この繰り返しが、企画を良くしていくために最も重要な要素になります。このブレストを成功させていく一番のポイントは、ポジティブに色々な意見を取り込んでいくことにあります。

誰でも一度は会議の場で経験したことがあると思いますが、重苦しい空気で、間違ったことを絶対に許さないような会議の中では意見が全く出てきません。このような空気を作ってしまう会議では当然良い企画は出てきません。

新しいものなんて、多くの間違いの上に成り立つものです。いきなり正解が出てくるなんてことは、まずありえません。そのため、会議の場ではまず出てきた意見を否定するのではなく、素直に受け止めてみるポジティブさが重要です。

ブレストでは明るく楽しくポジティブな空気を作り出してこそ皆が失敗なんか気にせず、意見を出しあえる会議になるはずです。

 

2、知らないことに興味を持とう!

企画とは、今までにない新しいモノを生み出し、それが人に受け入れられて初めて意義があります。一方、現代社会は特にトレンドや技術の移り変わりが非常に速いので、あっという間に時代遅れのものになりかねません。そうなってしまっては大半の人に受け入れられるものではないでしょう。

また、時代遅れではなくても、自分の知っているものの中だけで企画をしていても、いずれ限界がきて同じものを作り続けてしまうことになります。

これも、ほとんどの人に飽きられてしまうでしょう。

常にアンテナを張って新しいものを吸収していこうという貪欲さが、新しい企画を生み出していくことができる原動力となります。

 

3、型を破る前に、型を知ろう!

よく、新しい企画を生み出す人は元から型破りのとにかく変わっている人だと思われがちですが、実は違います。良い企画を生み出す人は、常識や普通を良く理解しています。

第一回コラムで企画の組合せについてお話をしました。その中でお話しした通り、基本は当たり前のものと何かを組み合わせて新しいものを生み出していくことがほとんどです。

その理由は、企画はユーザーに理解されてこそだからです。そして、そのユーザーに理解してもらうためには、ベースとなる当たり前が何なのかをよく理解していないといけません。

まず、常識や普通を知らなければ今の自分の企画が人にどう受け取られるかを理解できません。知らず知らずに普通のことをしてしまっている可能性があります。

型を破る前に、型を知ろう!

 

一方、常識や普通とはかけ離れたまったく突拍子もないことをやっても人は誰も理解できません。むしろ変人扱いされてしまうでしょう。

常識や普通をギリギリ理解可能な範囲で一歩だけ飛び越えるからこそ「なるほどね!」という感覚を生み出し、多くの人に面白いと思ってもらえる企画になるのです。そして、そのギリギリのラインを理解するためには、まずは常識や普通がどんなものか分析する必要があります。

まずは基本ができてから応用というわけです。

 

4、まとめ

というわけで、「企画者に求める人物像」を3つの要素で上げさせていただきました。

① 明るく楽しくポジティブに!

② 知らないことに興味を持とう!

③ 型を破る前に、型を知ろう!

思い当たる部分はあったでしょうか?実際、自分には不足しているなと感じる部分があったとしても、意識して行動することでかなり違ってくるのではないかと思います。

それでは、次回もよろしくお願いします!

Category

カテゴリー

Pick Up

ピックアップ

  • 「企画をする」ということは?

New

新着記事

  • 企画者として求められる人物像

  • 時代の変化に合わせた事業領域

  • 「企画をする」ということは?

  • コーポレートサイトをリニューアルしました!

Contact

映像制作に関するご相談や見積作成のご依頼など、無料でご対応します。
どうぞお気軽にお問い合わせください。